名古屋大学SATREPS

テーラーメード育種と栽培技術開発のための稲作研究プロジェクト

ホーム > NEWS & EVENTS

NEWS & EVENTS

ケニアSATREPS稲作研究プロジェクト終了時評価が行われました。

2018/05/10

2018年3月12~20日と4月9~18日の2回に分けて、JST・JICA地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)による「テーラーメード育種と栽培技術開発のための稲作研究プロジェクト」の終了時評価が行われました。JICA、JST、ケニア農業灌漑省、ケニア農畜産業研究機構による合同調査の結果、プロジェクトによって整備されたケニア随一の研究施設および実験圃場、DNAマーカー選抜育種によって作出されたケニアの環境に適した育種素材、品種の能力を最大限に活かすための栽培管理の解析、研究人材の育成などについて高く評価していただきました。ケニア農業灌漑省はプロジェクトに貢献した若手の非常勤研究員の常勤化を進め、KALROムエア支所の施設の更なる充実、積極的に稲研究を支援することを打ち出しました。アフリカにおけるコメ増産の必要性はますます高まっており、本プロジェクトの成果を今後活用し、さらに発展させていくことが期待されています。(槇原大悟)