名古屋大学SATREPS

テーラーメード育種と栽培技術開発のための稲作研究プロジェクト

ホーム > プロジェクトの概要 > 実施体制

プロジェクトの概要

実施体制

本プロジェクトは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と独立行政法人国際協力機構(JICA)が共同で実施している地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)に2012年度に採択された日本とケニアの研究者による国際共同研究です。

日本側代表機関である名古屋大学の研究グループは、農学国際教育協力研究センター、大学院生命農学研究科および生物機能開発利用研究センターの研究者によって構成されています。国内共同研究機関として、岡山大学、島根大学および山形大学の研究グループが参画しています。また、契約を伴わない共同研究者として東京農工大学の研究者が参加しています。

ケニア側代表機関は、ケニア農畜産業研究機構(KALRO)です。ケニア国内における研究は、ケニア最大の稲作地帯であるムエア灌漑地区にあるKALROムエア支所を中心に実施されています。ケニアの共同研究機関としては、国家灌漑公社、ジョモケニヤッタ農工大学、ナイロビ大学、ケニヤッタ大学などが参加しています。

pic_10.jpg

実施体制
fig_structure-01.png